法要

葬送支援メニュー【回忌法要】

回忌法要【イメージ写真】

回忌法要、閉眼(開眼)供養式プランニング

初七日から四十九日までの忌日法要(きびほうよう)と一周忌から33回忌までの年忌法要のことを合わせて回忌法要といいます。

多くの方は総称して法事といいますが、詳しくいうとお寺さんにお経を頂くことを「法要」といいその後の食事を含めた行事を「法事」といいます。

最近では核家族化や単身生活者が増えた影響で仏式の葬儀やお墓への納骨が減り、法事をする方も減っています。

しかし、初七日から33回忌までは、本来それぞれに意味がありとても大切なものでもあるといえます。

回忌法要と十三仏信仰

仏教では、あの世に行っても生まれ変わる「輪廻転生」という考え方があり、亡くなってから四十九日で故人は来世が決まるとされています。

その間七日ごとに閻魔大王をはじめとする十王から生前の裁きを受けます。残された家族は故人の冥福を祈り極楽浄土に行けるよう供養である法要をおこないます。

十三仏とは、初七日から三十三回忌までの十三回の法要を守護する仏様です。
故人は十三の仏様に守られて極楽浄土に導かれ成仏されるとされています。
このことから日本では命日から33年目で生まれ変わるとされているようです。

法要 よみかた 守護仏 日数
初七日 しょなのか 不動明王 命日から7日目
二七日 ふたなのか 釈迦如来 命日から14日目
三七日 みなのか 普賢菩薩 命日から21日目
四七日 よなのか 文殊菩薩 命日から28日目
五七日 いつなのか
(さんじゅうごにち)
地蔵菩薩
(閻魔様)
命日から35日目
六七日 むなのか 弥勒菩薩
(未来仏)
命日から42日目
七七日 なななのか
(しじゅうくにち)
薬師如来 命日から49日目
百箇日 ひゃっかにち 観音菩薩 命日から100日目
一周忌 勢至菩薩 命日から満1年
三回忌 阿弥陀如来 命日から満2年
七回忌 阿閦如来 命日から満6年
十三回忌 大日如来 命日から満12年
三十三回忌 虚空蔵菩薩 命日から満32年

ひこばえの杜のサポート

お客様からのご依頼により、法要の場所の手配、おとき(会食)場所の手配、必要であればお寺の手配も承ります。また当日の送迎なども承ります。最近ではお墓じまいの増加により閉眼供養式の法要の手配も多数承っております。

お墓じまいもしくは新墓建立と同時の場合は無料です。単独でのご依頼の場合1件につき 30,000円となります。